出力50kWのシステムで実質利回り10%を確保する太陽光発電

同じように長期安定収益を狙う投資でありながら、不動産投資には太陽光発電投資と違っていくつものワナが潜んでいることをご理解いただけたでしょうか。ここでは、その太陽光発電投資の旨みを、事業構造をもとに具体的に見ていくことにしましよう。発電量による収支シミュレーションの結果をまずご覧ください

これは、広島県内のある場所で出力50kWを前提とする太陽光発電システムを設置した場合、事業収支がどう推移するかを試算した結果です。太陽電池パネルには、1枚当たり出力255Wの太陽電池モジュールを216枚用いています。このモジュールというのは、製品化された太陽電池の一つの単位です。255Wを216枚ですから、単純に計算すると、発電出力は255×216で55kWになります。ただここでは、パワーコンデイショナーと呼ばれる機器に定格出力5.5kWのものを8台、

つまり計44kW、設置することを想定しています。この場合には、合計出力の小さなパワーコンディショナーの数値が採用されるため、システム全体としての出力は“kW相当という見立てになります。

初期投資は太陽光発電デメリット・メリットもあるようにした通り。太陽光発電システムを設置するのに必要な投資額は消費税を含め1250万円です。内訳書に記載されている「調整」という項目は合計金額を切りの良い数値にするための一種の値引きです。それによって、税込み金額を1250万円に落ち着かせているわけです。ランニングコストは大きく、運転維持費と減価償却費と租税公課の3つに分かれます。このほか、事業収支が黒字であれば、法人税(個人事業であれば所得税)が課されます。

毎年度掛かるこれらのランニングコストに対して、売電収入を見込みます。売電単価は買取価格であるキロワット当たり刀円十消費税に相当する四・陥円ですから、売電量を想定すればいいわけです。それが積算発電量です。

これは、1枚当たり出力255Wの多結晶型太陽電池モジュール216枚を真南方向に傾斜角Ⅲ度で並べた前提で、毎月の発電量を推計した結果です。1961年から帥年まで10年間にわたる毎月の平均日射量データをもとに、月々の発電量を求めています。最大は5月で6951kW、最小はn月で2550kWですから、倍以上の開きがあるわけです。年間予想発電量は5万8351kWです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA